人気ブログランキング |

LIFE STYLE CREATION FOR GIRLS&Mrs

<   2011年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧

グラマラスファッション検証

d0218585_10321612.jpg


グラマラス

d0218585_10324471.jpg


グラマラスなロックティスト

d0218585_10333879.jpg


デイブマーレイ (アイアンメイデン)

15歳の時に、ジミ・ヘンドリックスの「ヴードゥー・チャイル」を聴き、ロックへの興味を覚える。彼が最初に結成したのは、ストーン・フリーという、トリオバンドだった。このバンドには、アイアン・メイデンのメンバーであるエイドリアン・スミスも参加していた。その後、スティーヴ・ハリスと出会い、1976年に初めてアイアン・メイデンに参加するまで、多くの異なるバンドでプレイした。1977年に一時脱退したが、翌年にはバンドに復帰している。彼と、スティーヴ・ハリスは、メジャーデビュー以来のオリジナルメンバーである。
by saikastyle2 | 2011-12-29 10:34

グラマラスファッション検証

d0218585_10265818.jpg


グラマラス

d0218585_10233441.jpg


グラマラスなロックティスト

d0218585_10243297.jpg


ミックマーズ (モトリークルー)

演奏はブルーズを基調としたオーソドックスなスタイルで派手さはないが、巧みなリフ作りや豊富なアイディアで、バンドのソングライティングに大きく寄与している。バンド最年長で地味な存在ながら、一貫してバンドのメンバーであり続け、独特の容姿もあってバンドにはなくてはならない人物である。
30代半ばから血清反応陰性関節炎を患っており、本人の弁によると背中から首にかけて骨が固まっており、首を横に動かすことが出来ないらしい。また、ギターの重みも病気の症状に悪いらしく最近ではライヴでのミックのギター・ソロ・タイムはほとんどない。
by saikastyle2 | 2011-12-29 10:25

グラマラスファッション検証

d0218585_10161622.jpg


グラマラス 

d0218585_101655100.jpg


グラマラスなロックティスト

d0218585_10193020.jpg


ポールスタンレー

1952年1月20日、マンハッタンのユダヤ系の家庭に生まれ、8歳のときにクイーンズに移り住んだ。幼い頃よりロックに夢中になる。
最初にバンドを始めた小学生時代から Uncle Joe、Post War Baby Boom、Tree などいくつかのローカルバンドで活動しており、あまり真剣とは言えないレコーディングを2回経験している。コードを弾くのが好きで早くから作曲を始め、歌いながらギターを弾くため最初からリズムギターを志向しており、リードギタリストになりたいと考えたことは1度も無かった
by saikastyle2 | 2011-12-29 10:20

グラマラスファッション検証

d0218585_9375159.jpg


グラマラス

d0218585_9381971.jpg


グラマラスなロックティスト

d0218585_944893.jpg


スティーブモーズ

ソロプレイにおいては強力なオルタネイトピッキングとクロマティックスケールを駆使した、繊細でいてアタック感の強いフレーズが特徴。アーティフィシャルハーモニクス(人工ハーモニクス)も多用する。また反復するフレーズを連続させながらフレーズを構築していく「シーケンサー・フレーズ」を多用し、彼のトレードマーク的なものとなっている。
レコーディングではギターの多重録音を多用している。クリーントーンに歪んだトーンを重ねたり、さらにギターシンセサイザーの音色を加える等、分厚い音色を創出している。ギターのスイッチの頻繁な切り替えによっても幅広い音色を得ている所も彼の特徴である。
ピッキングスタイルは極端な逆アングルに構え、親指と人差し指でつまんで持つ。カントリーを演奏する際は、中指と薬指も使う。
ピックアップセレクトは主に低音域でリア、高音域でフロントに切り替えるようにしている。「低音はあまり太くしたくないし、高音は耳障りにならないようにしている」との事。
by saikastyle2 | 2011-12-29 09:38

グラマラスファッション検証

d0218585_925191.jpg
グラマラスなロックティストなMODE
d0218585_9241649.jpg
グラマラス

イングヴェイ・マルムスティーン(Yngwie Malmsteen、本名Lars Johan Yngve Lannerbäck、1963年6月30日 - )はスウェーデン・ストックホルム出身のミュージシャン、ギタリスト、作曲家、マルチプレイヤー。「インギー」の愛称で親しまれている(ただ、本人はこの愛称をあまり好く思っていないとされる)。ロック・ギターにクラシック音楽の要素を盛り込み、驚異的な速弾きでギター奏法に大革命をもたらした。日本でのみマイケル・シェンカーの「神」に対して「王者」と呼ばれる
先祖は貴族(正確には伯爵)であるとされるが、1920年代のスウェーデン貴族の一覧表には、父方のLannerbäck家も母方のMalmsteen家もリストにはない。またスウェーデン語版や英語版など全言語のウィキペディアのスウェーデン貴族の人名リストにも、彼の名前は掲載されていない。
d0218585_9285534.jpg


イングベイマルムスティーン
by saikastyle2 | 2011-12-29 09:25

グラマラスファッション検証

d0218585_20553767.jpg
 
ディープパープル

ボーカル/ギター/ベース/キーボード(特にハモンド・オルガン)/ドラムスという構成で、マイナー・コードと爆音の様なサウンドを使った演奏を繰り広げる、というハード・ロック、もしくはヘヴィ・メタルの定型を作り上げたバンドとして知られている。特に、いわゆる第2期と呼ばれる時期の作品に名作が多く、商業的にも成功したため、一般的に認知度の高い楽曲やフレーズ、ギターリフが多い

d0218585_20562650.jpg
グラマラスなロックティスト

d0218585_20564247.jpg
グラマラス
by saikastyle2 | 2011-12-28 20:57

グラマラスファッション検証

d0218585_2045287.jpg
グラマラスなロックティスト

サルバドール・ダリ(Salvador Dalí、1904年5月11日 - 1989年1月23日)は、スペインの画家。シュルレアリスムの代表的な作家として知られる。フルネームはカタルーニャ語でサルバドー・ドメネク・ファリプ・ジャシン・ダリ・イ・ドメネク、マルキス・ド・プボル(Salvador Domènec Felip Jacint Dalí i Domènech, Marquis de Púbol)。「天才」と自称して憚らず、数々の奇行や逸話が知られている。
d0218585_20481156.jpg
d0218585_20424538.jpg
グラマラス
by saikastyle2 | 2011-12-28 20:46

グラマラスファッション検証

d0218585_2038176.jpg

マリリンモンロー
1950年代中盤から現在に至るまで「アメリカのセックスシンボル」と称される。モンローというステージネームは彼女の母親の姓である。
身長166.4cm、体重53.5kg。スリーサイズはB94 W61 H86。トレードマークは、真っ赤に塗られた唇、口元のホクロ、モンロー・ウォークと呼ばれた独特な歩き方。フェラガモに作らせた靴のサイズは、24.5cm。ノルウェー人の血を引いているといわれるが、本当の髪の色はブロンドではなく褐色(ブルネット)であった。

d0218585_20395545.jpg
グラマラスなロックティスト

d0218585_20414466.jpg

by saikastyle2 | 2011-12-28 20:40

グラマラスファッション検証

d0218585_20314389.jpg
グラマラス

グラマー (英: glamour, 米: glamor) は、現在では主に、女性の容姿の性的な魅力・美を意味する。
グラマラス (glamorous, glamourous) は「魅力的な」を意味する形容詞である。glamour は本来は「魅力」を意味する名詞だが、日本語ではグラマー・グラマラスとも「グラマーだ」「グラマーな」などと形容動詞として使う。
元来は魔法の呪文を意味し、日本語では同じグラマーとなる grammar(文法)と同じ由来である。そこから、魔術的な魅力を意味するようになった。19世紀末には魔術に関係なく、装身具を意味するようになった。

d0218585_21441836.jpg


グラマラスなロックティスト
by saikastyle2 | 2011-12-28 20:35

グラマラスファッション検証

d0218585_20251012.jpg


グラマー (英: glamour, 米: glamor) は、現在では主に、女性の容姿の性的な魅力・美を意味する。
グラマラス (glamorous, glamourous) は「魅力的な」を意味する形容詞である。glamour は本来は「魅力」を意味する名詞だが、日本語ではグラマー・グラマラスとも「グラマーだ」「グラマーな」などと形容動詞として使う。
元来は魔法の呪文を意味し、日本語では同じグラマーとなる grammar(文法)と同じ由来である。そこから、魔術的な魅力を意味するようになった。19世紀末には魔術に関係なく、装身具を意味するようになった。

d0218585_202605.jpg


コスチューム:ジャンポールゴルチエ

d0218585_20363428.gif

by saikastyle2 | 2011-12-28 20:26