LIFE STYLE CREATION FOR GIRLS&Mrs

カテゴリ:ファニチャー( 12 )

60年代ファニチャー

d0218585_1247024.jpg

円形の壁、イームズの椅子。パーテーションの使い方によって部屋わけにはとてもセンスを感じます
[PR]
by saikastyle2 | 2012-03-02 12:48 | ファニチャー

60年代ファニチャー

d0218585_12451514.jpg

60年代ファニチャーの組み合わせは愉しいものです。家具を置く配置など参考になりますね
[PR]
by saikastyle2 | 2012-03-02 12:46 | ファニチャー

60年代ファニチャー

d0218585_1032930.jpg


1960年代に作られたデザインはディテールが円形のものが多く観ててとても素敵です
[PR]
by saikastyle2 | 2012-03-02 10:05 | ファニチャー

SAIKA LOUNGE

d0218585_12224247.jpg


ナショナルやセイコーなどが昭和の時代に生産していた置き時計はインテリアとしても色やフォルムがとてもよかった!子供の頃、こんな製品を見て、とても近未来的だと思った
d0218585_122584.jpg
d0218585_1225297.jpg
d0218585_12245330.jpg
d0218585_12242548.jpg
d0218585_12241422.jpg
d0218585_1224896.jpg
d0218585_1224194.jpg
d0218585_12235549.jpg

[PR]
by Saikastyle2 | 2012-01-31 12:25 | ファニチャー

SAIKA LOUNGE

d0218585_9221437.jpg



奥野ビル

1932年(昭和7年)に、当時としては超モダンな「銀座アパートメント」としてオープン。 都内に残る数少ない戦前アパート建築として貴重な一棟。
d0218585_9225182.jpg

当時の建物は事務所の他、一階に貸店舗、小使室、地階に倉庫、男女の区別がされた共同浴室、屋階に談話室、洗濯室が置かれ、2~6階が居住部分とされた。
d0218585_9234060.jpg
六階建という事でエレベーターも一基付けられているが、竣工当時のままに今でも手動で、なんとも味わい深い、レトロな逸品。今、この時代に、銀座のど真ん中でこの型のエレベーターに乗れるというのは貴重すぎるとしかいいようがない。当時のままという事もあって、今にも壊れてしまうんではないかと思うほどだが、乗った時の、当時にタイムスリップしてしまうんではないか?というような気持ちに誘われるのが好きだ。更に当時地下のボイラーから全館にスチーム暖房が施されていたという。から、これにも驚かされる。
d0218585_926910.jpg
d0218585_926258.jpg
d0218585_9255347.jpg
d0218585_9254487.jpg
d0218585_9253830.jpg
d0218585_925319.jpg
d0218585_9252514.jpg
d0218585_9251799.jpg
d0218585_925673.jpg
d0218585_9245478.jpg
d0218585_9244485.jpg
d0218585_92436100.jpg
d0218585_924818.jpg

戦前に建てられたビルには深い味わいがあります。当時の建築家は西洋建築に憧れていて細部に渡り西洋な雰囲気にこだわっています。だいたいこんな感じでいいか!という類いのなんちゃって西洋風ではなくて、当時は本物に近いディテールにこだわった仕事をしていて、まさに僕に言わせれば、西洋風ではなくて、これはすでに西洋だとも言えます!
[PR]
by Saikastyle2 | 2012-01-29 09:26 | ファニチャー

SAIKA LOUNGE

d0218585_19513025.jpg


銀座、銀緑ビル

建築物がなによりの大好物!今度生まれ変わったら美容師じゃなくて絶対に子供の頃から猛勉強して建築家になる!!モダン建築が好き!古い古い、お化けがでそうなビルが大好き!めちゃかっこいい!建物の質感やディテール、細部にわたるこだわりの床や壁、そして天井!西洋的な感覚が好き!コルビジェもいいけど、こういう建物発見すると、ドキドキしながら入りたくなってしまう!そのドキドキ感っていうのは、初めて女性の裸を観るという体験に似た感じなわけ!もうドキドキだね!不法侵入とか言われて怒られたらどうしょう!!なんて思いで、恐る恐る入ってみる訳!でも、人の足音とか聞こえると、すぐに出て来てしまう小心者だったりするけどね

d0218585_20007.jpg
銀緑館。どんな思いが込められているのかは知る由もありませんが、なんとも雅びな名前です。大震災の翌年、1924年の竣工。銀座でも現存最古のビルのひとつなわけ!!

雑居ビルなのですが、ファサードの装飾はあえて抑えめにしてある種の余裕を感じさせるあたりが、さすが銀座なんです!
d0218585_2013877.jpg

ファサードのデザインの細部を見ると、石張りの1階部分には非対称の開口部。そこから3階分をすっと上へのばし、最上階の手前で一旦蛇腹を回し、最上階には半円アーチ型テラコッタ(焼きもの)装飾を頂いた窓が3つ。てっぺんには中世ロマネスク風な*ロンバルディア帯があしらわれます。今はくすんで汚れていますが、外壁をクリーム色っぽいタイルで覆い、雰囲気あるね
d0218585_2023639.jpg
昭和レトロなデザインがまたぐっと来ますね!
d0218585_20610100.jpg
夜の雰囲気は、これまたお化け屋敷な雰囲気もあってゾクッとくるところがGOODです
d0218585_2052473.jpg
床のタイルの組み合わせは最高ですね!何十年経っても味が出る雰囲気です!天井のライトはモダンなものになっているところが僕にはマイナス点のひとつ!ここは、もう昭和の時代からぶら下がった蛍光灯がいいのにね!この手すり重圧感があって最高の質感です!
d0218585_205352.jpg
そうそう、これですよこの扉!そして取手!この雰囲気を理解できる人はインテリア好き上級者です
d0218585_2045289.jpg
TARUというBARが入ってます!僕はお酒飲めないけど、1杯
くらいなら飲めるかな?誘ってくれたらいつでも行くけどね!今じゃ友達も少なくなったもんだね
d0218585_2043161.jpg

[PR]
by Saikastyle2 | 2012-01-27 20:06 | ファニチャー

SAIKA LOUNGE

d0218585_19102082.jpg


ヴィンテージテーブルウェア、オールドパイレックスを探す楽しみ、使う楽しみ


パイレックスの製造元コーニング社の歴史が開始されたのは、1851年にAmory Houghton(エモリー ホートン)という人がアメリカのマサチューセッツ州サマヴィルでUnion Glass Company(ユニオングラスカンパニー)を設立してビジネスを開始したのが最初のようです。当時がどんな時代かピンとこないようでしたら、リンカーン大統領やアメリカ南北戦争の頃よりも前の時代です。ずいぶん昔のことですね。
d0218585_19115261.jpg
d0218585_1912982.jpg

一部文献によるとBay State Glass Company(ベイステートグラスカンパニー)などを買収しながら大きくなったようですが、その後この会社は1864年に売却しました。そして、同じ年にホートンはニューヨークのブルックリンフリントガラス会社を買収し、1868年にはCorning Flint Glass Works(コーニング フリント グラス ワークス)と改名しました。当時すでに100人の従業員が働いていたそうです。その頃から食器や温度計管も手がけたようです。しかし、厳しい競争の時代に大きな負債を抱かえていたため1871年に設備を売却しなければなりませんでした。
d0218585_19124626.jpg
d0218585_19123114.jpg

彼の息子ホートンジュニアは優秀なビジネスマンで出世道を進み、マネージャーになりました。彼の戦略は成果をあげ、すぐに設備を購入し1875年にはCorning Glass Works(コーニング グラス ワークス)となったようです。当時製造された製品は鉄道信号ガラス器、温度計管および製薬のガラス器でした。
世界で初めての電球が出来たのは1879年のことですが、このプラントの中でトーマス・エジソンのアイデアのために製造されました。彼の世紀の大発明がコーニング・グラス工場の中で生まれたのです。1907年には自動的に白熱電球を吹く機械が開発されました。会社を躍進させたのは1897年の温度計管材料を精密に製造する有能な機械類の開発でした。1908年に鉄道信号協会は、アメリカ・カナダのすべての鉄道の信号機の基準としてCorningグラスを採用しました。
d0218585_19131832.jpg
d0218585_1913672.jpg

PYREXとは熱の王様という意味でPYRO(熱い)とREX(王様)というギリシャ語とラテン語を掛け合わせた造語のようです。パイレックスブランドが始まった(商標登録)のは1915年のことですが、実際にはそれ以前から製造していたようです(PYREX刻印無し)1912年から熱に負けない頑強なガラスを製造すべく模索していたようです。ホウ素の酸化物を添加物として使用した硼珪酸ガラスを作り出しました。当初は「Pie-Right」あるいは「Py-Right」という名前で出荷していたようです。当時は透明なクリヤーガラスで、ミキシングボウル・パイプレート・カスタードカップ・キャセロールなどのキッチンツールが製造されました。1917年には科学薬品用ガラス製品にもパイレックス商標が導入されました。
d0218585_19182894.jpg
d0218585_19164349.jpg
d0218585_19163334.jpg
d0218585_19431727.jpg

[PR]
by Saikastyle2 | 2012-01-27 19:18 | ファニチャー

60年代広告

d0218585_207143.jpg
AVONの香水の広告  いかにも60’Sな色使いの広告が素敵ね
[PR]
by saikastyle2 | 2011-03-07 20:08 | ファニチャー

コーヒー&シガレッツ

d0218585_17122996.gif
お外で飲む、美味しくない珈琲なら、インスタント珈琲でわたしは十分満足なのよ。カフェや喫茶店、あるいは珈琲専門店などで美味しくない珈琲を出されたら、ああ、お紅茶にしとけばよかったと後悔するわね。例えば、エクセシオールカフェ、ドトールコーヒー、スターバックス、モリバコーヒー、などなどの珈琲チェーンがあるでしょ、どこの珈琲もわたしの口には合わないわね。なんで珈琲チェーン店なのにブレンド珈琲を売りにできないのかしら?ようするによ、ブレンドこそ味の出し方が本当は難しいのよね。もしも、ブレンド珈琲に心血を注げるオーナーさんが現れたら、きっとスタバも越える企業になれるとわたしは思っているわ。珈琲屋なのに、珈琲が美味しくないなんて、わたしに言わせれば、どうかしてるわよ!渋谷で珈琲が美味しいお店は、たった一つしかないわね。渋谷なのに、お爺さんと叔父さんしかいないわよ!でもいつも満席だわ
d0218585_17245582.jpg
ネスカフェ ゴールドブレンド  わたしは子供の頃から、珈琲が大好きだったわね。そしてうちには必ずゴールドブレンドが山のように買い置きしてあったのよ。父と兄が珈琲が好きだったからだわね。うちでは基本、わたしが珈琲を作っていたのよ。兄は珈琲の濃さにとてもウルサイ人で薄い珈琲が大嫌いな人だったのよ。わたしが濃いめの珈琲が好きになったのも兄の影響がとても大きいわね。例えば、うちではサイフォンやカリタ、珈琲メーカーなども使用したわね。それだけ父も兄も珈琲にはこだわっていたのよ。でも結局はインスタント珈琲のゴールドブレンドに戻るのよ。何故かというと?父も兄も気が短いのよね。だから待っていられないのよ!
d0218585_17374591.jpg
d0218585_1738533.jpg
わたしのコレクションの一つにコーヒーカップの収集があるのよね。マイブームもあるから、いろいろ変わるわね。カップとソーサーひとつで珈琲の味も変わるわ
d0218585_17404820.jpg
わたしは、こんな事言ってしまったら本当に失礼だけど、お友達、親戚、職場など、珈琲をご馳走になるシーンってこれまでたくさんあったけど、美味しい珈琲を入れてくれた人に出会った事は一度もないわ。例えインスタントであっても美味しく淹れるコツがあるのよ。もちろんその人の好みもあるけど、美味しいものをおだしするのってこちら側の意識の問題なのよね!そうそうSAIKAでのお茶のサービスの考案は、もちろんわたしなのよ。何故?温かいものをおだししないで冷たいものばかりかと言いますと、温かいものはタイミングがとても難しいのよ。だから冷たいお飲み物しかSAIKAではおだししていないのよ。でも、味には厳選してこだわっているわよ
[PR]
by saikastyle2 | 2011-03-07 17:48 | ファニチャー

コーヒー&シガレッツ

d0218585_16415490.gif
コーヒー&シガレッツ  最近は煙草が値上がりしたと思っていたら、珈琲豆まで値上がりしてしまうなんて、とんでもないお話だわね。自然派のオーガニックな方にはちょうどいいお話だと思うけど、喫煙者と珈琲派の人にとっては窮屈な国土になつてきたわね。
d0218585_16455594.jpg
わたしは、このマイルドセブンの8ミリを吸っているわ。ハードケースもあるんだけど、ソフトじゃないと美味しくないのよね。ちなみに、マイルセブンライト以外の煙草は基本的に吸わないのよね!この煙草が廃品になったら、わたし、禁煙するわよ
d0218585_16482292.jpg
d0218585_16484215.jpg
カルティエのガス式ライター(70年代製)  いつもは、¥100ライターだったけど、¥100ライターは、もうじき廃品で使用禁止になるのよね。だから、わたしは父親の形見の、カルティエのライターを最近は使用しはじめたわ。30年も使用していなかったライターだったけど、なんとか火がついたわよ。外車と同じで、舶来製品は使用し続けないと故障の原因になると煙草屋の叔父さんに教えていただいたわ。これからは、このカルティエを使用するわよ!でも、さすがカルティエね、高級感があるわ。持ってみればわかるわよ
d0218585_16544071.jpg
最近は煙草を吸う人は世界中どこに行っても嫌われるわよ。煙草を吸っているというだけで、友達やめる!!なんて、言われかねない雰囲気ってあるのよね。わたし、最近そう感じるわ。だからこそ喫煙者はマナーは絶対に守ってほしいとわたしは思っているわ。歩きながらの煙草は絶対許せないわよ。人様に魅惑かかるに決まっているわ。また、ポイ捨ては人間として恥べき行為だわ。マナーが悪いから罰則もできるのよ。もしも、アメリカみたいな禁煙国になったら最悪だわよ。わたし、東南アジアあたりにお引越ししないといけないわね
[PR]
by saikastyle2 | 2011-03-07 17:00 | ファニチャー