LIFE STYLE CREATION FOR GIRLS&Mrs

60年代ファッション

d0218585_8463172.jpg


メリーポプキン

ウェールズ出身でウェールズ語を母語に育ち、民謡歌手として音楽活動に入る。地元のインディーズ・レーベルでいくつか録音を残した後、ツイッギーに見出されて、ビートルズのアップル・レコードと契約する。アップル所属時代は、その容姿や美声から「アップルの歌姫」と呼ばれた。
ポール・マッカートニーがプロデュースしたシングル《悲しき天使 (Those Were the Days )》は、1968年8月30日にイギリスで発表され、有名なスター、サンディ・ショーと競作する格好となったにもかかわらず、彼女の録音が全英シングル・チャートの首位に輝き、全米シングル・チャートでも第2位を射止めた。
d0218585_8495060.jpg
d0218585_8493590.jpg

1969年2月21日に、やはりマッカートニーのプロデュースによるアルバム第1作『ポストカード』を発表。アルバム・セッションに参加したドノヴァンから3曲をカヴァーしているほか、ジョージ・マーティンやハリー・ニルソンの作品も1曲ずつカバーしている。
シングル第2作は、レノン=マッカートニー作詞・作曲(実際はマッカートニー単独の作品)の《グッドバイ (Goodbye)で、1969年3月28日に発表され、全英シングルチャートで第2位に輝く(当時の第1位はビートルズの「ゲット・バック」であった)。「グッドバイ」はビートルズの海賊盤で出回ったことがあるものの、公式にビートルズが発表したことはなかった。
d0218585_851724.jpg
d0218585_8503017.jpg

シングル第3作には、ドリス・デイの著名な曲「ケ・セラ・セラ (Que Sera, Sera (Whatever Will Be, Will Be))」をマッカートニーが用意して新たなリフレインを書き足し、素晴らしいバックトラックが制作された。だが完璧なポップソングとして仕上がっていたため、ホプキン側が発売に難色を示し、結果、ミッキー・モストのプロデュースによる《夢みる港 (Temma Harbour)》に変更された。この一件によりマッカートニーとの関係は悪化し、以降マッカートニーはホプキンのプロデュースから撤退する。

d0218585_8512310.jpg
d0218585_8521648.jpg
d0218585_8515824.jpg
d0218585_8514599.jpg
d0218585_8523969.jpg

[PR]
by Saikastyle2 | 2012-02-04 08:47
<< 60年代ファッション SAIKA LOUNGE >>